×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




質問はクライアントのためにする

 


 クライアントへの質問は、コーチのためではなく、クライアントのために行われる必要があります。
 このことをコーチが気をつけていないと、クライアントへの質問が”コーチの聞きたいこと”、”興味があること”の情報収集に なってしまいます。

 例えば、行政書士の資格を取ることを目標としているクライアントをコーチングするとします。この際、コーチの興味本位で 「行政書士ってどんな資格ですか?」、「行政書士は全国に何人位いるんですか?」等質問することはコーチのための質 問であり、クライアントのための質問ではありません。これでは日常会話になってしまいます。

 コーチがクライアントに質問する意味は”新しい視点”、”気づき”を与えることにあります。
 コーチは質問が、クライアントのための質問であるのか意識して、コーチングを行う必要があります。 

トップへ
トップへ
戻る
戻る



体験カウンセリング
のお申し込み
(無料)

主要メニュー
 カウンセリングで得られる成果  個人カウンセリング  カウンセリングについて  いやしの情報  コラム集  
 無料体験カウンセリングを受けてみませんか?  カウンセリングで悩みが解消した私  カウンセリングで得られる成果
 カウンセリングで変わった私  現状を整理することが重要  自分の目標を実現させたい方  あなたの生きがいは何ですか?
 人間関係でお悩み方   今カウンセリングが必要な時代です  ストレスについて  ストレスへの対処方法  
 共感できるカウンセラーとして  私のカウンセリングに対する思い  クライアント様からの声  カウンセリングのメリット
 カウンセリングとコーチングの違い  うつ状態の方   多重債務の方   緊急な場合は  アロマテラピーについて
 新たな視点コラム集  オリジナルコラム集  コーチングのことが分るお勧めの本  リラックス・いやし関連グッズ  Webノウハウ講座
 相互リンクのお申し込み  相互リンク集   コーチングで新しい自分探しを!